MENU
\ 今だけポイント最大10倍! /

【奄美大島旅行 伝泊 旅行記】加計呂麻島のホテル リリーの家に泊まってみた

  • URLをコピーしました!

奄美大島に旅行するんだけど、伝泊施設が気になる。どういうホテルなの?

こんにちは、なすにんです。

この記事は奄美大島の南、加計呂麻島(かけろまとう)にある伝泊施設「リリーの家の宿泊記をまとめたものです。

奄美大島の美しい大自然は、2021年7月26日、世界自然遺産に登録されました。

そして自然だけでなく、昔からの古民家も大事な資産として受け継がれています。

その古民家をリノベーションして、宿泊施設に変えたのが伝泊です。

そのコンセプトムービーは下の動画で見ることができますよ。

奄美大島は自然が豊かですが、沖縄よりも開発されておらず、さらにゆったりとした時間が流れています。

そのゆったりとした時間をさらに味わえるのが「リリーの家」

奄美大島伝泊 リリーの家

この記事を読むと、奄美大島の伝泊施設リリーの家の内装、設備、行き方などが分かるようになっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「リリーの家」の予約ができるサイトは「楽天」か「じゃらん」だけ

>>楽天トラベルで予約する

>>じゃらんで予約する
目次

奄美大島 伝泊 リリーの家

今回旅行で利用する伝泊は、「男はつらいよ」シリーズで有名な寅さんが、映画の最後にマドンナのリリーと一緒に暮らしたことから「リリーの家」として有名になりました。

その家をリフォームし、一般向け宿泊施設として貸し出されています。

家の壁にある黄色い看板が伝泊の目印。

リリーの家

黄色いすだれの奥が玄関。玄関から見て右側が、食事を作れるキッチンやダイニングスペースです。

奄美大島伝泊 リリーの家

左の部屋が布団などが置かれている、寝室部分になります。トイレもこちら側に。家を出るとすぐ海と絶好のロケーション。

奄美大島伝泊 リリーの家

全体写真。庭の広さがわかると思います。一番右側に見える建物にお風呂が設置されています。

奄美大島伝泊 リリーの家

玄関付近のカベに男はつらいよのポスターが飾られていました。

奄美大島伝泊 リリーの家

廊下の様子。昔ながらの家屋は開放的で窓が多いですね。

昔の家なので、天井が低いので気をつけてください。僕の身長は176センチとそこまで大きくはありませんが、普通に頭が当たります。

奄美大島伝泊 リリーの家

こちらが寝室。家族4人とかでもじゅうぶんに寝れそうな広さ。

奄美大島伝泊 リリーの家

寝室につながっている、書斎スペースです。窓から海が見えます。

奄美大島伝泊 リリーの家

廊下を渡ると5畳ほどのスペース。こちらからも海が見えます。冷房は新しいものに変えられているので快適でした。

奄美大島伝泊 リリーの家

縁側から見える景色。

奄美大島伝泊 リリーの家からの景色

ダイニングスペースです。机の上には手紙や、加計呂麻島の観光スポットが書かれている紙が置かれていました。

机もイスも今風でかっこいい。

奄美大島伝泊 リリーの家

ダイニングデーブルの前がキッチンススペース。冷蔵庫や電子レンジが完備され、自炊には困りません。

奄美大島伝泊 リリーの家

冷蔵庫の左の戸棚を開けると食器類がずらりと。白を基調としていて、必要なカトラリーは全て揃っていました。

奄美大島伝泊 リリーの家

お風呂は離れの建物の中に。

生まれて初めて使用した、石風呂。お湯を溜めて入ります。

夏休みで子どもを連れてきたら、すごい喜びそうな場所だと思います。

奄美大島伝泊 リリーの家のお風呂

お風呂の前のシャーワールーム。綺麗にリノベーションされていて、シャンプーやボディーソープがついていました。

奄美大島伝泊 リリーの家のお風呂

「リリーの家」は周りにコンビニもなく不便ですし、お風呂は石窯と、とまどうことが多いです。

ただ、都会では味わえない、海の音や虫の声、星空など自然を感じられる素晴らしいロケーションでした。

「リリーの家」の近くには保育園?があるのか、夜遅くまで子どもの楽しい声が聞こえてきていました。

奄美大島伝泊 リリーの家

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

このブログの運営者

こんにちは、なすにんブログにお越しいただきありがとうございます。
このブログでは、管理者(Nasu)が経験した、気持ちが上がる商品やサービスについて発信しています。
スキンケア・美容クリニック・ファッションなどなど。こんな面白いサービスやプロダクトがあるんだと、少しでも参考になれば嬉しいです。

目次