MENU

【ER-GK20レビュー】ムダ毛処理にボディトリマーが最高な理由

お兄さん

ボディトリマーを買おうと思ってるんだけど、オススメある?

なすにん

パナソニックが出してるER-GK20ってボディトリマーがとてもいいよよ。

こんにちは、なすにんです。

ムダ毛処理が面倒だと感じる方も多いと思います。

そんなとき、便利なのがボディトリマーです。

この記事では、パナソニックのER-GK20を1年間ほど使用しての感想を書いていきます。

ボディトリマー選びの参考になれば嬉しいです。

僕は黄色を使っています。

なすにん

めちゃくちゃ便利

ボディトリマーを一度使うともう手放せません。

この記事のオススメ読者
  • 除毛したいと考えている人
  • 肌に優しいトリマーを探している人

この記事でわかること

  • ER-GK20の性能
  • ER-GK20のメリット、デメリット
目次

ER-GK 20とは

なすにん

パナソニックのボディトリマーの商品内容は以下です

  • 商品名 :ファーストボディトリマー
  • 型名  :ER-GK20
  • メーカー:パナソニック
  • 電源方式:乾電池式(単3形×1本)
  • 生産国 :中国
  • 付属品 :長さそろえアタッチメント(3mm)肌ガードアタッチメント(2mm)掃除用ブラシ 専用オイル
  • その他 :防水設計(水洗い可能)

ER-GK20の付属品

長さ違いのアタッチメントが二つ。専用のオイルがついています。

電池は単三1本です。

なすにん

使い込んでるから、汚れてて恥ずかしい笑

3mmのアタッチメントをつけたところ。

こちらは2ミリのアタッチメント

アタッチメントは矢印に沿って引くだけで、簡単に外せます。

何もつけていない状態

刃も簡単に取れます。防水なので、このまま水洗いして中の汚れを落とすことができます。

パナソニック、ER-GK20の切れ味

アタッチメントをつけていると、肌に直接触れないので、肌を痛めず、剃ることができます。

ただ、僕の場合は医療脱毛前の処理として使っているので、アタッチメントなしで使用しています。

こんな感じで直接当てています。

スネの外側を処理しているところです。

処理後の左足

何もしていない右足の外側。比べると大きな違いがありますね。

次は左の太ももの毛を処理しています。

処理した左足と、処理していない右足です。

こちらも大きく違っています。

なすにん

ER-GK20は5,000円以内で買えるからホントにコスパいいと思う。

ER-GK20より安いトリマーもありますが、肌に当てるものなので、僕はパナソニックなどの信頼できるメーカーの方がいいのかなと感じています。

ER-GK20のデメリット

ER-GKのデメリットは電池式なところです。電池が無くなると交換しないといけません。

別の充電ができるタイプもありますが、値段が高くなるので、そこは予算との兼ね合いだと思います。

充電式はこちらから。

【ER-GK20レビュー】ムダ毛処理にボディトリマーが最高な理由まとめ

ER-GK20のボディトリマーの良いところ4つ

  1. 好みに合わせて長さが選べる
  2. 肌に安全
  3. 防水
  4. 値段が安い

デメリット

  • 電池式

以上です。

まだ除毛をしたことがない方、ぜひ一度、ボディトリマーを試してみてください。

自分の見慣れた体が別人のように見えて、自信がついたりします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

なすにんです。
猫と同居のアラフォー。
ボディケア、投資、買ったものなど、楽しい独身ライフについて発信しています。

目次
閉じる