MENU
\ 今だけポイント最大10倍! /

【楽天証券とSBI証券どちらの口座を持つべきか?】 SBI証券と楽天証券を徹底比較

  • URLをコピーしました!
うさ

楽天証券とSBI証券のどっちの口座を持つべき?

なすにん

楽天証券が色々と変更になったから、今の時点ではSBI口座の方がオススメ。

こんにちは、なすにんです。

投資をする上で必要な証券口座。その証券口座の中でも人気なのがSBI証券と楽天証券です。

ただ、どちらのの証券口座を持つべきか分からない人も多いと思います。

そこで、この記事では楽天証券よりもSBI証券がオススメの理由について書いていきます。

SBI証券、楽天証券のそれぞれのメリット、デメリットを書いていくのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

楽天証券口座を開設する

楽天証券

SBI証券口座を開設する

SBI証券
目次

楽天証券改悪のポイント3つ

ここ最近の楽天証券は改悪とも言える大きな変更がありました。

楽天証券の主な変更点は以下。

今までの楽天証券
改悪後の変更点
  • 楽天銀行 金利0.1%
  • 楽天ポイントコースの設定と、500円分以上のポイント投資(投資信託)でポイント+1倍
  • カード払いで投資信託を購入するとき、上限5万円まで1%のポイントバック
  • 金利0.1%が上限300万円まで。それ以上0.04%に。
  • 30,000円以上のポイント投資(投資信託)でポイント+0.5倍
  • 30,000円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)でポイント+0.5倍 ※米株積立および買付手数料無料海外ETF(9銘柄)除く。
  • 投資信託カード払いのポイントが1%→0.2%(信託手数料0.4%未満の場合)

主な改悪ポイントは3つ

  • 楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジを利用しても300万円以下しか0.1%の利率がつかないこと。
  • 楽天市場を利用するときのポイント倍率が下がること
  • 投資信託クレカ払い (上限5万円) のポイントバックが1%から0.2%になること

特に大きな変更点は2022年9月買付分から、投資信託カード払いの1%バックが0.2%に変更になることです。

今まで、毎月上限5万円まで楽天カードで投資信託を購入できました。

年間60万円のマックスまで買うと、その1%の6千円分の楽天ポイントがもらえるという素晴らしいサービス。

投資をしている人はわかると思いますが、年間1%のリターンが必ずもらえるってすごいことだったんですよね。

それが2022年9月から信託手数料0.4%未満の商品を購入するときは、0.2パーセントと大幅な減額になりました。

個人投資家に人気なVTIやe-MAXIS slim米国株式といった優良投資信託は手数料が0.4%以下なので、1%のポイントバックが貰えないんですよね。

この変更は楽天ユーザーとしては非常に残念でした。

この改悪が理由で、楽天証券よりもSBI証券の方がすすめられる証券口座となっています。

SBI証券

SBI証券のメリット3つ

楽天証券にはないSBI証券のメリットは3つ

  • 三井住友カードのクレカ払いの投資信託購入で0.5%のVポイント
  • 為替手数料の安さ
  • SBI証券のVシリーズ投資信託の方が楽天よりも手数料が安い

楽天証券の楽天カード払いのポイントバックが1%から0.2%へと改悪されたことで、三井住友カードのクレカ払いで0.5%もらえるSBI証券はポイント還元率でも楽天証券を抜きました。

そしてそのVポイントを使用して、2022年5月からSBI証券で株式を購入できるようにもなっています。

また、SBI証券と連携している住信SBIネット銀行の為替手数料は1ドルあたり6銭と破格の安さ。楽天銀行だと1ドルあたり24銭なので、その差は歴然。

住信SBI銀行で最安為替手数料、円をドルに変えるやり方

さらに、同じ商品でもSBIのVシリーズの方が楽天で買える投資信託よりも、わずかながら手数料が安くなります。

商品名会社信託報酬
SBI-SBI V S&P500インデックスファンドSBI0.0938%程度
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)楽天0.0968%程度

以上の理由からSBI証券と楽天証券のどちらかをメインにするといえば、SBI証券の方がメリットがあると言えるでしょう。

僕自身は楽天カードを利用して、毎月5万円e-maxisslim全世界に投資をして1%のポイントバックを受け取っていたのですが、2021年9月からSBI証券に乗り換えようと考えています。

楽天証券とSBI証券の両方を持つメリット

一方、SBI証券にはない、楽天証券の魅力的なポイントは、楽天証券と楽天銀行をつなぐマネーブリッジのサービスを利用すると300万円以下の金利が0.10%つくところです。

これはsbi証券とついになる住信SBIネット銀行の金利0.02%と比較しも5倍以上に!

普段使用する生活費や現金は楽天銀行に預けて、投資用のお金は住信SBI証券を利用するやり方は、お金の分け方という点でもとても便利です。

また、余力のある方は楽天証券で楽天カード払いをして0.2%の楽天ポイントバック、SBI証券のクレカ払いで0.5%のVポイントバックの合わせて0.7%をもらうというやり方もできます。

【楽天証券とSBI証券どちらの口座を持つべきか?】 SBI証券と楽天証券を徹底比較まとめ

楽天証券の改悪ポイント3つ

  • 金利0.1%が上限300万円まで
  • ポイント倍率の悪化
  • クレカ払いのポイントが1%→0.2%に

SBI証券のメリット3つ

  • クレカ払いで0.5%のポイント
  • 為替手数料の安さ
  • 楽天よりも安い手数料の投資信託がある
  • アメリカ株、ETFの自動買付

楽天証券とSBI証券のおすすめな使い分けは、生活費や貯金は300万円まで金利が0.1%つく楽天銀行へ。

そして投資はSBI証券の口座を使用すると、どちらのサービスの良いところ取りができますよ。。

SBI証券口座を開設する

SBI証券

楽天証券を開設する

楽天証券

他にもPayPay証券といった個性的な口座もあるので、色々と試してみて自分にあった口座を見つけてくださいね。

この記事が少しでも資産運用の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

このブログの運営者

こんにちは、なすにんブログにお越しいただきありがとうございます。
このブログでは、管理者(Nasu)が経験した、気持ちが上がる商品やサービスについて発信しています。
スキンケア・美容クリニック・ファッションなどなど。こんな面白いサービスやプロダクトがあるんだと、少しでも参考になれば嬉しいです。

目次