MENU

【SBI証券と楽天証券】投資初心者にオススメの口座はどっち?【つみたてNISA】

お兄さん

つみたてNISAを始めたいんだけど、SBI証券と楽天証券どちらの口座がいいの?

なすにん

証券口座を開くときに迷うよね。僕は両方口座を持っているけど、つみたてNISA口座は楽天にしているよ。

こんにちは、なすにんです。

つみたてNISAを始めようと思った時に、どの証券口座を開くか迷ったりしますよね。

ダイヤモンドザイさんのホームページでは1位がSBI証券、2位が楽天証券となっていました。

ザイさんの1位はSBI証券ですが、この記事では楽天証券を推しています。

SBIも楽天もどちらも良い証券会社です。それぞれのメリットを説明するので、証券口座選びの参考にしてみてください。

この記事のオススメ読者

投資を始めたいと考えている人

証券口座選びに迷っている人

それでは詳しく書いていきます。

目次

株式売買手数料

株式を売買するときに手数料がかかります。

SBI証券と楽天証券ともに、スタンダードプランでの売買手数料は変わりません。

参考:SBI証券 https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cAat1=home&cat2=begin&dir=info&file=home_merit_02.html

SBI証券と楽天証券の値段は全く同じです。

その一方、1日の売買代金の合計の値段で手数料が変わるアクティブプランというものがあります。

アクティブプランだと50万円以上購入した場合、SBIの方が楽天と比べて明らかに安いです。

しかし、投資初心者の方が1日で50万円以上購入することもあまりないと思うので、気にしなくてもよいかなと。

出典:楽天証券 https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cAat1=home&cat2=begin&dir=info&file=home_merit_02.html

※最初はスタンダードプランがデフォルトなので、アクティブプランに変更したい時は設定を変える必要があります。

SBI証券は手数料の1.1%のTポイントつき、楽天証券は手数料の1%の楽天ポイントが付与されます。

つみたてNISAの場合、SBI、楽天ともに売買手数料無料です。

投資信託の種類【つみたてNISA】

SBI証券のつみたてNISA取扱商品は175件楽天証券のつみたてNISA取扱商品は177件とほぼ同じです。

この二つの人気ランキング1位を見てみますと

SBI証券はSBI-SBI V S&P500インデックス・ファンド。

楽天証券はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。

上記の二つともアメリカのS&P500社指数という、アメリカを代表する500社に連動した投資信託となっています。

同じ指数に連動しているので値動きは変わりません。そう言った場合、見るべきポイントは信託報酬です。

信託報酬は年間に必ず発生する費用なので、同じ商品なら固定費が安い方を選んでください。

商品名信託報酬
SBI-SBI V S&P500インデックファンド(SBI)0.0938%程度
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(楽天)0.0968%程度

ごく僅かな差ですが、SBIのSBI VインデックスファンドがeMAXIS Slimよりも信託報酬が安いです。

eMAXIS SlimシリーズはSBI証券でも買えますが、SBI Vシリーズは楽天証券では買えません。

アメリカに関する投資信託の種類はSBI証券の方が選択肢が多いです。

僕自身はつみたてNISAで楽天VTIという商品を購入しています。

1年経った利回りはこちらで書いています。

投資信託のカード払いについて

つみたてNISAを始めた時に絶対にしてほしいことが、投資信託をカード払い設定で購入することです。

楽天証券は投資信託を毎月5万円まで楽天カードで支払うことができます。

今までは毎月1日が積立購入日でしたが、2021年6月20日以降に初めて楽天カードクレジット決済による積立をした人は、毎月8日に変更となりました。

毎月つみたてをカード払いにすると購入額の1%の楽天ポイントが付与されます。

つみたてNISAは毎年40万円まで購入することができるので、最大約4,000ポイントが年間もらえます。

年率4〜7%くらいの期待値リターンがあるインデックスファンドで、商品を購入するだけで1%のポイントがもらえる利点は非常に大きいです。

楽天ポイントはコンビニなど色々なところで使える利便性があります。

SBI証券も三井住友カードで、2021年6月30日から上限5万円までつみたて投資ができるようになりました。

ポイント付与数は0.5%と楽天カードに負けていますが、2021年12月10日まではスタートダッシュキャンペーンで1.5%のVポイントが付きます。

長期的に見ると、楽天証券のカード払いの方がSBI証券よりも優れています。

楽天銀行と住信SBIネット銀行の金利

証券口座とセットで開いて欲しいのが同じ系列の銀行口座です。

SBI証券なら住信SBIネット銀行、楽天証券なら楽天銀行と。

住信SBIネット銀行や楽天銀行で、それぞれの証券口座と提携していると、銀行口座から証券口座の送金が簡単になります。

加えて、銀行と証券口座が連携していると銀行の金利が高くなるメリットがあります。

住信SBIネット銀行の金利

住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」を使えば金利は100万円以上預けていると、0.01%の金利がつきます。

住信SBIネット銀行とSBI証券を連携させることで、住信SBIネット銀行の銀行口座とは別に、SBIハイブリッド預金という預金口座を作ります。

住信SBIネット銀行の中に普通口座とSBIバイブリッド預金口座の2つが存在するわけですね。

このSBIハイブリッド預金のユニークなところはSBIハイブリッド預金に入金された資金がそのまま、証券口座の中の買付余力として反映されるところです。

一般的に、預金口座と証券口座は分かれているので、口座間の送金は設定をするか手動で送る必要がありますが、SBIハイブリッド預金はその必要がありません。

SBIハイブリッド預金口座は、SBIネット銀行口座とSBI証券口座を開設していればWebページからすぐに作ることができます。

三菱UFJ銀行などの大手は金利が0.001%なので、10倍の金利がつくのと、利息が毎月支払われるところが嬉しいポイントです。

毎月第3土曜日に利息が計算され、その翌日に入金される仕様になっています。

楽天銀行の金利

楽天銀行と楽天証券を連携させると「マネーブリッジ」という口座連携サービスが使えるようになります。

マネーブリッジにすると、楽天銀行での普通預金の金利が0.1%になります。

金利0.1%はSBIバイブリッド預金の10倍、大手銀行の100倍の金利です。

楽天証券の口座に資金がないときも、注文時に楽天銀行から自動的に送金される自動入出金(スイープ)サービスも便利です。

2021年、7月2日時点で、楽天銀行と証券を開きマネーブリッジの設定をすると、現金1,000円がもらえるキャンペーン中です。

楽天証券が投資初心者にオススメな理由

投資信託の種類、カード払いのポイント、銀行の金利の違いとありましたが、楽天証券が投資初心者におすすめの1番の理由は楽天経済圏の存在です。

楽天証券でポイント払いと500円以上の投資信託購入で、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が1%ポイントがアップします。

細かく知りたい方はこちらを見てください

楽天市場で商品を購入したり、ふるさと納税を納めたりするときも、全てこのポイントアップの恩恵が受けられます。

ふるさと納税と楽天ポイントについては、こちらで書いています。

楽天証券を使いポイントアップをして、そのポイントの恩恵を得る。

楽天ふるさと納税や楽天市場でポイントアップを利用してお得にサービスを使えることが、最初の証券口座として楽天証券をオススメする最大の理由です。

【SBI証券と楽天証券】投資初心者にオススメの口座はどっち?まとめ

SBI証券の良い点3つ

  1. アクティブプランの手数料が安い
  2. アメリカの投資信託の種類が楽天より豊富
  3. キャンペーンを利用すれば、短期的には楽天証券より多くのポイントがもらえる

楽天証券の良い点3つ

  • ポイント還元率が長期的に見てSBI証券より高い
  • 楽天銀行の金利は住信SBIネット銀行の10倍
  • 楽天経済圏の存在

以上、総合的に考えると楽天証券の方が最初の口座としてメリットが大きいです。

この記事が証券口座選びの参考になれば幸いです。

最後にポチッとしていただけると嬉しいです😃

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

なすにんです。
猫と同居のアラフォー。
ボディケア、投資、買ったものなど、楽しい独身ライフについて発信しています。

目次
閉じる