MENU

【一人暮らし必見】独身アラフォー男が節約のために辞めたこと7選

うさ

毎月、お金を使いすぎて貯まらない。でも、節約って何から始めたらいいの?

なすにん

お金ってなかなかたまらないですよね。この記事ではやめたら自然と節約できる方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

この記事にオススメの人

  • 一人暮らしで支出を見直したい人
  • 節約をめんどくさいと感じている人
  • 人の節約と自分の節約を比較したい人

こんにちは、なすにんです。

この記事では、アラフォー、独身男性が節約のために辞めたものを紹介します。

なぜかお金がたまらないなーと思っている独身男性も多いと思います。

僕もそうでした。

ある程度自由に使えるお金があるので、特に気にせずに使っていると、月末や1年経って、あれ?お金減ってる?っと気づくことも多かったです。

特に男性って、お酒やタバコや車などにお金を使い出すと、なかなかお金を貯められないですよね。

収入が増えるにつれて、生活コストも上がっていったりします。

メリハリがないと、生活水準は上がっているのに、幸福度は増えません。

僕の中で効果があり、かつ幸福度も変わらなかった方法を書きます。

参考になるところがあれば是非実践してみてください。

節約のために僕が辞めたことは7つです。

やめたこと
  • 現金払い
  • コンビニに行くこと
  • 保険に入ること
  • タバコ(吸っている人)
  • モノを増やすこと
  • サブスクの契約
  • 1人で外食すること
目次

節約のために現金払いを辞めた

現金払いを辞めて感じたメリットは3つありました。

  1. 支出の管理ができる
  2. カードのポイントが貯まる
  3. ATMなどの無駄な手数料がなくなる

支出の管理

Steve BuissinneによるPixabayからの画像 

現金払いを辞めて一番良かったことは、自分の支出が管理できるようになったことです。

お金が貯まらない理由の一つとして、自分が何にお金を使ったか分からないことが挙げられます。

僕が支出を気にしていなかった時は、とりあえず財布に3万円入れて、なくなったら、補充していました。でもこれだと、自分が何に使っていたのかわからず、気づいたら財布が空に。

そこで、完全キャッシュレスの生活を実践してみました。カード払いにするとウェブで支出をチェックできるので便利でした。

さらに、マネーフォワードMEというアプリを使うと、自分の資産全体を管理できるようになりました。

すると不思議なもので、毎日マネーフォワードMEで自分の支出をチェックするだけで、口座の残高は増えていきました。

マネーフォワードの詳しい記事はこちら

カードのポイントが貯まる

現金払いにすると特典はつきませんが、カード払いにするとカードに付随しているポイントがもらえたりします。

クレジットカード会社はカード決済をしてもらうと、お店側から数%の手数料が貰えるようになっています。

そのため、自社のカードを使ってもらえるように消費者にポイント還元をしています。有名なのは楽天カードの1%バックですね。

僕は現金払いを辞めてSPGアメックスというカードで支払いをするようにしています。

普段の生活費をSPGアメックスのカードで支払うだけで、年に一回、8万円くらいするリッツ・カールトンのホテルに無料で泊まれるようになりました。

僕は年に3回ほど旅行に行きます。ホテル代が無料になるのはありがたい恩恵でした。

SPGアメックスについてはこちらから

特にカードにこだわりがない方は、楽天カードが使いやすいと思います。

ATMの無駄な手数料がなくなる

Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像 

現金払いの時は、「ちょっとATMでお金おろすから待ってて」と言って人を待たせることがありました。

時間外手数料でATMに330円払っていたのは、本当にムダなお金だったなと思います。カード払いをするようになってから、時間とお金の節約になりました。

節約のためにコンビニに行くのを辞めた

16081684によるPixabayからの画像 

コンビニは欲望の遊園地みたいなものです。美味しいスイーツやお弁当、ドリンクといった商品が定価で並んでいて、ついつい買ってしまいます。

コンビニでお弁当を買いに行っただけなのに、気づくと飲み物やサラダもカゴの中に入れていました。コンビニ行っていた時は毎日1,000円くらい使っていたと思います。

自炊をして立ち寄らないようにすると、買い物の回数も減りました。

コンビニ行く時は100円コーヒーだけ買うようにしています。

節約のために保険に入るのを辞めた

Steve BuissinneによるPixabayからの画像 

僕は車に乗っているので、車両保険に入っていました。車両保険は事故で車が損傷すると、車の修理代金が保険から降りるという仕組みです。

ただ、車両保険で修理すると翌年の保険料が上がります。

保険は自分ではどうしようもない損害を防ぐために入るものなので、車が壊れて自分の貯金で直せないようなら、そもそも車は自分の生活にふさわしくないです。

そう考えて、車両保険を入るのを辞めました。年間4〜5万円の節約になりました。

節約のためにタバコを辞めた

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像 

以前の僕は1日一箱、タバコを吸っていました。

タバコ代で1日440円使っていたとすると、年間で158,400円です。タバコを辞めるだけでこの金額がまるっと浮きます。158,400円と改めて書いていると震えてきました笑

タバコを吸っているとコンビニに行く機会も増えます。

コンビニに行くと余分なものを買う、悪循環のループになっていました。

僕はタバコをスパッと辞められましたが、難しい人は筋トレをしてみてください。

そしてタバコを吸いたくなったら、代わりにプロテインを飲む習慣をつけると人生変わります💪

節約のためにモノを増やすことを辞めた

Free-PhotosによるPixabayからの画像 

僕はミニマリストではないので、それなりにモノに囲まれて生活しています。

でも、モノが増えるとそれだけ自由度が減ります。そこで快適に暮らすために、一つ買ったら一つ減らすというルールを設けました。

そのルールを設けたことで、買う前に捨てるモノを先に考えるようになり、消耗品以外ほとんど買わなくなりました。

また、ドラム型式洗濯機を購入したら、服の枚数も自然と減りました。

服の断捨離ができない人は、ドラム型式洗濯機の購入もオススメです。

節約のためにサブスクを辞めた

サブスクサービスを契約すると、毎月支出が固定費として出ていきます。

値段も数百円からなので、まあいいかと思って契約しているとどんどん増えてきます。

僕は今年に入り2件ほどサブスクサービスを解約しました。

僕が外せないサブスクサービスはアマゾンプライム、YouTubeプレミアム、マネーフォワードMEです。

自分にとって本当に外せないサブスクは何か?と考えてみるそして必要ないものは、例え数百円でも、解約していくことが大事だと思います。

節約のために1人で外食することを辞めた

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像 

平日の帰りにファストフードやコンビニ飯を食べることを辞めました。

外食は友人といる時だけにすると、外食するメリハリがつきます。たまに食べるとめちゃくちゃ美味しく感じます。

外食は値段も高く、時間もかかり、栄養もあまり多くありません。

また、外食する代わりに、日々の食事を1週間単位で作り置きする習慣を作ると、買い物に行く回数も減るので時短にもなりました。

毎日、緑の野菜やキノコ類、ミックスナッツやヨーグルトなど同じものを食べています。

独身アラフォー男性が節約のために辞めたこと7選まとめ

現金払いを辞めた利点3つ

  • 支出が管理できるようになった
  • カードのポイントが貯まるようになった
  • ATMなどの無駄な手数料がなくなった

コンビニに行くことを辞める

  • 定価の買い物が減った

保険に入ることを辞める

  • 必要のない保険を減らすことで固定費を下げた

タバコ(吸っている人)を辞める

  • 辞めて15万円以上の節約になった

モノを増やすことを辞める

  • ルールを作ることで買い物の回数を減らした

サブスクを辞める

  • 本当に必要なものを吟味することで、固定費を削減した

1人で外食をすることを辞める

  • 楽しくない外食は辞めて、たまの外食を楽しめるようにした

以上です。

少しでも独身ライフの参考になれば幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

それではまた😃

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

なすにんです。
猫と同居のアラフォー。
ボディケア、投資、買ったものなど、楽しい独身ライフについて発信しています。

目次
閉じる