MENU

【筋トレ初心者にオススメのYouTubeチャンネル4選】動画で鍛える

お兄さん

家でお手軽に筋トレしたいんだけど、筋トレにオススメのYouTube動画ある?

なすにん

参考にしたYouTubeチャンネルは4つあるよ。パワー。

お兄さん

なかやまきんに君だね。

こんにちは、なすにんです。

体を鍛えるためにジムの契約をするって、ハードルが高いですよね。

もちろん、機材が揃っていたりジャグジーがあったりで、ジムでしかできないことも多いです。

ただ、初心者が筋トレをするのに、すごい道具とかは必要ありません。お金を使わずに自宅の筋トレで十分だったりします。

そこで、この記事では、自宅トレーニングで参考にできるYouTubeチャンネルを4つ紹介します。

僕は動画を参考に週に4日のペースで筋トレをして、体脂肪が7%台になりました。

筋トレを始める前の、2020年5月では176センチ、63キロで体脂肪は14%ほどだったので、効果がめちゃくちゃ表れています。

現在の体脂肪

体脂肪率

この記事でわかること

  • オススメ筋トレYouTube動画4つ
  • 自宅トレで必要な道具
なすにん

それではどうぞー。

目次

自宅トレーニングでオススメする、YouTubeチャンネル4選

僕が自宅で筋トレをする時に参考にした動画は4つです。

  1. 鈴木達也さん
  2. CALISLIFE自重トレ
  3. BOOST ATHLETES
  4. [上越YG]山澤礼明さん

鍛える部位によって筋トレ動画を使い分けています。

以下で詳しく説明していきます。

鈴木達也さん

爽やかマッチョな鈴木達也さんが、ていねいに筋トレのやり方を教えてくれる動画です。

鈴木達也さんの動画では主に腹筋と背筋のやり方を参考にしていました。

「下腹をへこます腹筋トレーニング」は約1500万再生されていたりします。動画の再生数が多いとつい見てしまいますよね。

この下腹腹筋トレーニングを初めてやった時は、最後までやり切れなかったです。

次の日は鬼の筋肉痛がきました😇

腹筋は下腹とか上腹ってあるんだと始めて知った動画でした。

ちなみにお腹を割ろうとすると、筋肉よりも体脂肪が重要になってきます。

理由としては、筋肉は全ての人にありますが、脂肪で隠れているだけなので、お腹を割りたいと思っている方は筋トレと一緒に痩せることも大事です。

CALISLIFE自重トレさん

CALISLIFE自重トレさんは鈴木達也さんのように言葉で「後、何回」や「頑張りましょう」とは言わずに、BGMを流しながら筋トレ動画を見せてくれます。

CALISLIFEさんの動画では、体幹トレーニングと下半身のふくらはぎのトレーニングを参考にさせてもらっています。

マッチョと言うより細マッチョで万人ウケしそうな体型をされています。

道具を使わない自分の体重でできる方法を教えてくれるので、自宅でトレーニングをする人にとって、とても参考になると思います。

BOOST ATHLETESさん

BOOST ATHLETESさんはオシャレなイケメンさんです。もともとはダンスもやっていたそうで、動画でキレキレのダンスを見ることができます。

スクワットなど、太ももやお尻のトレーニングを参考にさせてもらっています。

着ている服も格好良く、BGMやオープニングなどの見せ方もシャレています。

[上越YG]山澤礼明さん

[上越YG]山澤礼明さんは肩と背中と胸と腕のトレーニングで参考にさせてもらっています

胸のトレーニングは腕立て伏せでカバーできるのですが、自宅トレーニングで難しい部位は肩と背中です。

なので、肩と背中と腕に関しては、ダンベルを使うことをオススメします。

ダンベルでできる筋トレ動画を探すと山澤さんに辿り着きました。

筋トレの回数と実際のトレーニング方法

トレーニングの回数は、鍛える部位を変えて、パターンAB週にそれぞれ2回ずつ行っています。

パターンA(月、金)

  • 胸 腕立て伏せ
  • 肩(ダンベル使用)
  • 背中(ダンベル使用)
  • 腕(ダンベル使用)
  • 足のふくらはぎ

パターンB(水、土)

  • 腹筋(下腹と上腹)アブローラーを使う時も
  • 背筋
  • 体幹
  • スクワットなどお尻のトレーニング
腹筋アブローラー
イラスト屋

筋トレをする時間は30分から40分です

ジムだと着替えやシャワーなどで、もっと時間がかかるので、時間を節約する意味でも自宅でのトレーニングはオススメです。

自宅トレで揃えた方が良い道具4つ

必須ではないですが、自宅トレーニングにあると便利な道具は4つです。

  • ダンベル
  • ヨガマット
  • Amazon fire stick
  • 体重計

ダンベル

肩と背中のトレーニングをしたい方は、ダンベルを用意した方がいいです。自重でトレーニングだと限界があるので。

肩を鍛えると厚みが出るので、Tシャツが似合うようになります。

ヨガマット

フローリングだと、背中が痛かったり、筋トレ中に床を傷つけたりするので、ヨガマットもあったほうが便利です。Amazonで買うと安いです。

Amazon fire stick

トレーニングは正しいフォームで負荷をかけることが大事です。

スマホ画面だと小さすぎるので、できればテレビなどの大画面で見た方が正しいフォームがわかりやすくなります。

Amazon fire stickがあれば、テレビでYouTubeチャンネルを映せるので、めちゃくちゃ便利です。

体重計

せっかく筋トレを始めるのであれば、体脂肪や筋肉量の記録を測れる体重計があると、目に見えて変化がわかるので続けやすくなります。

この記事の最初に出した僕のデータは、この体重計を使っています。

【筋トレ初心者にオススメのYouTubeチャンネル4選】動画で鍛えるまとめ

自宅トレでオススメYouTube動画チャンネルは4つです。

  • 鈴木達也さん
  • CALISLIFE自重トレさん
  • BOOST ATHLETESさん
  • [上越YG]山澤礼明さん

筋トレの回数は週に4回行っています。

自宅トレで必要な道具は4つ。

  • ダンベル
  • ヨガマット
  • Amazon Fire Stick
  • 体重計

以上です。この記事が自宅トレーニングのモチベーションになれば幸いです。

筋トレにオススメのプロテインはこちらの記事で書いています。

一食60円の最安値プロテインを紹介

最後まで読んでいただきありがとうございました。

パワー。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

なすにんです。
猫と同居のアラフォー。
ボディケア、投資、買ったものなど、楽しい独身ライフについて発信しています。

目次
閉じる