MENU

【Kindle Oasis (キンドル オアシス) レビュー】1年間使用した感想

うさ

Kindle Oasisが気になっているんだけど、高くて購入を迷ってる。正直Paperwhiteで十分かなと思っているんだけど。

なすにん

Kindle Oasisって高いよね。Oasisを1年間使ったけど、Paperwhiteで十分だと思ったよ。

こんにちは、なすにんです。

Kindle端末は種類がたくさんあって、どれを購入するか迷ったりしますよね。

この記事ではKindle Oasisを1年間使用した感想を書いていきます。

Kindle Oasisは29,800円からとかなり高価な端末です。

結論を先に書くと漫画を読む人ならKindle Oasis。読まないならPaperwhiteで十分だと思います。

この記事のオススメ読者
  • 電子書籍端末に興味がある人
  • Kindle Oasisの使い勝手を知りたい人
なすにん

それではどうぞー。

目次

Kindle Oasis (キンドル オアシス)のスペック

Amazonが販売してるKindle Oasisは、29,800円から販売されています。

Kindle Oasisのスペックは以下です。

  • バッテリー最大6週間利用可能 (明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)
  • フロントライト LED25個
  • 重さ188g
  • 大きさ159 mm x 141 mm x 3.4ー8.4mm
  • 防水機能 IPX8規格
  • 8GB 29,800円 (wifi 広告付き)
  • 32GB 32,980円 (wifi 広告付き) 34,980円 (広告なし)
  • 32GB 40,980円 (wifi +4G)

Kindle Oasis (キンドル オアシス)のレビュー

Kinlde Oasisの最大の特徴は二つの物理ボタンにあります。

ボタンを押すことでページをめくったり戻したりすることができます。

少し硬めで、カチカチとした感じ。

片手で操作できるので非常に便利です。

Kindleoasisの画像

Kindle Oasisのホーム画面です。

Kindleoasisの画像

漫画はこのように映ります(左利きのエレン)

Kindleoasisの画像

本はこのように映ります。文字の大きさは変えられるので、小さい文字が見えにくい人でも安心です。

画像はコンパクトサイズです。

Kindle oasisの画像

標準サイズ

Kindle oasisの画像

拡大サイズ

Kindle Oasisの画像

Kindle Oasisの後ろ側です。段差が付いていて、片手で持っても落ちにくい構造になっています。

Kindle Oasisの画像
Kindle Oasisの画像

外部入出力端子の形状はUSB Type-B(MicroUSB)です。端子形状が古いので注意が必要です。

Kindle Oasisの画像

設定すると自動で暖かさを調整してくれます。

Kindle OasisとPaperwhiteの比較

筆者が持っている、Kindle PaperwhiteとOasisの比較をします。

僕の持っているPaperwhiteは第7世代と少し古い型なので、Oasisと比べると一目瞭然です。

漫画はOasisの横の幅がある分、大きく見えます。

ページのコマ送りはPaperwhiteはカクッとして不自然なのに対し、Oasisはヌルッとした感じで、より早く反応し、次のページに移動します。

Kindle oasisとPaperWhiteの画面比較画像

同じ本の同じページです。両方コンパクトサイズに設定しました。

Kinde Oasisの方がpaperwhiteに比べて、4行ほど1ページで見れる情報量が多いです。

iPhoneとiPad miniくらいの差があるように感じました。

Kindle oasisとPaperWhiteの画面比較画像

両端末のホームページの画面です。Oasisの方が上に検索バーがあるので本を探しやすいです。

Kindle oasisとPaperWhiteの画面比較画像

背面のデザインの差も大きいです。値段が2万円近く差があるので、Oasisの方がスタイリッシュです。

質感もさらさらしていて、触りたくなる感触。

Kindle oasisとPaperWhiteの背面比較画像

薄さも全然違います。下がOasisで上がPaperwhite。

Kindle oasisとPaperWhiteの薄さ比較画像

Kindle Oasis (キンドル オアシス)のメリット デメリット

Kindle Oasisのメリット5つ

  1. 物理ボタンが使いやすい
  2. 高級感のあるデザインと質感の良さ
  3. 画面が横に広く漫画を読みやすい
  4. 一つのページに入る情報量が多い
  5. 読み込みスピードが早い

Oasisのデメリット3つ

  • 値段が高い
  • 読書だけならPaperWhiteでも十分
  • ハイライト機能はPaperWhiteと同じで使いづらい

【Kindle Oasis (キンドル オアシス) レビュー】1年間使用した感想まとめ

僕は職場にPaperWhiteを置いて、家ではOasisを使って読書をしています。

読書の満足度なら遥かにOasisですが、僕が二つとも持っていない状態で買うとしたらPaperwhiteにします。

理由はマンガをKindleで読まないのと、PaperWhiteであまり不便を感じないからです。

Oasisのデザインや情報量の多さも素晴らしいですが、2万円近くの差を出すかと言われれば正直ビミョウです。

しかし、値段を気にしないのであれば、Paperwhiteでは味わえない最高の読書体験をOasisはもたらしてくれます。

Kindleを購入する際は、必ず3ヶ月無料のUnlimitedをつけるようにしてください。

Kindle Unlimitedで4万円も得した話

以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

なすにんです。
猫と同居のアラフォー。
ボディケア、投資、買ったものなど、楽しい独身ライフについて発信しています。

目次
閉じる