MENU
\ 年に一度の大セール!ブラックフライデー中! /

【2022年6月 米国ETFのVIGの分配金は?】VIGの増配率とメリットを解説

  • URLをコピーしました!
お兄さん

連続増配率が売りのVIGだけど、2022年6月の分配金はどうなったの?

こんにちは、なすにんです。

2022年6月のVIGの分配金は一株あたり$0.6949ドルと、同年同月の$0.6750と比較して、プラス2.95%とわずかですが増配!の結果になりました。

VIGは高配当とは言えませんが、成長率という意味ではVOOと引けを取らないくらいのパフォーマンスを出すETFとなっています。

SBI証券の2022年5月16日から20日までのランキングでは、10位に入っています。個人投資家にも人気。

引用: SBI証券

お金の勉強で有名なリベラルアーツ大学の両学長もVIGを薦めている動画を出しています。

数年前動画なので、少し現状とは違っているところはあるのですが、とても参考になるのでまだの方はぜひ見てみてください。

この記事を読めばVIGの配当金の推移、構成銘柄、そして株価の動きなどがわかるようになっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

\VIGの購入はETFの自動積立設定ができるSBI証券がおすすめ/

SBI証券
目次

高配当ETF VIGの利回りと増配率

最初に書いたように2022年6月のVIGは0.6947ドルと、前年度同月と比べて2.95%の増配となりました。

直近2年の配当利回りの表です。前年同月と比べて、着実に増配されているのがわかりますね。

配当落ち日支払日1株あたりの配当
2022年6月21日2022年6月24日0.6947ドル
2022年3月21日2022年3月24日0.6939ドル
2021年12月20日2021年12月23日0.7725ドル
2021年9月20日2021年9月23日0.6995ドル
2021年6月21日2021年6月24日0.6750ドル
2021年3月22日2021年3月25日0.5131ドル
2020年12月21日2020年12月24日0.6644ドル
2020年9月30日2020年10月2日0.5575ドル

直近利回りの0.6947ドルを✖️4して、現在の株価で割れば直近の利回りがでてきます。

計算すると、VIGの直近の年間の利回りは約2%となりました。

VIGの増配率は10年単位で見ると、VIGの年間平均増配率は約8〜9%となっています。

高配当ETFのVIGとは

VIGとは、アメリカの3大投資会社であるバンガード社が提供している、連続増配銘柄で財務優良の会社を集めたETFです。

VIGの詳細は以下 (2022年6月17日)

ティッカーシンボルVIG
バンガード米国増配株式ETF
運用会社バンガード
設立年2006年4月21日
連動対象指数S&P U.S. ディビデンド・グロワーズ・インデックス
信託報酬0.06%
直近配当利回り約2.0%(直近利回り)
株価138.64ドル
構成銘柄数289銘柄
配当月3月、6月、9月、12月
参考: Vanguard HP

VIGは、増配率を謳っている一方、直近の配当利回りは2.0%とSPYD, HDVのような高配当ETFではないことに注意してください。

VIGの構成銘柄とセクターの割合比率

VIGはS&P U.S. ディビデンド・グロワーズ・インデックスという指数に連動するETFです。

S&P U.S. ディビデンド・グロワーズ・インデックスとは、10年以上連続で毎年増配する方針をとっている米国企業から構成される指数です。なお、VIGは上位25%の上位高配当企業は除外されています。

そんなVIGの組入銘柄上位10社は以下

引用: Vanguard HP

VIGは289社で構成されていますが、時価総額加重平均型を取っており、上位の10社だけで約3割ものウェートを占めています。

3位のジョンソンアンドジョンソンは60年連続増配、4位のP&Gなどは65年連続増配中と、化け物のような企業に一緒に投資できるのは、さすが連続増配ETFといったところ。

そのVIGのセクターの割合比率を見てみると

セクターの割合比率

セクター名セクター割合
Communication Services
通信サービス
2.00%
Consumer Discretionary
一般消費財・サービス
9.40%
Consumer Staples
生活必需品
13.90%
Energy
エネルギー
0.10%
Financials
金融
14.50%
Health Care
ヘルスケア
15.80%
Industrials
資本財・サービス
12.90%
Information Technology
情報技術
23.40%
Materials
素材
4.80%
Utilities
公益事業
3.20%
参考: Vanguard HP

10%を超えているセクターを赤字にしました。それらは生活必需品、金融、ヘルスケア、資本財、そしてITです。

この中でディフェンシブのセクターは生活必需品とヘルスケア。生活必需品とヘルスケアで30%近くの割合を占めていますね。

VIGの特徴として高配当ETFではないので、ITが23.40%も入っているところです。

お兄さん

株価の動きが比較的激しいってことだね。

最近VIGは大きく銘柄入れ替えがあったので、ITセクターが一番のウェートを占め用になりました。

それだけITセクターでも10年連続増配している企業が増えてきたということですね。

アップルも9年連続増配中なので、近い将来VIGに組み入れられるかもしれません。

VYMとVIGとの比較

VIGの特徴を分かりやすくするために、高配当ETFで個人投資家にも人気のある同じバンガード社のVYMと、比較をしてみます。

ティッカーシンボルVYMVIG
設立年2006年11月16日2006年4月21日
株価105.81ドル145.58ドル
直近配当利回り3.42%1.85%
構成銘柄数約400銘柄289銘柄
経費率0.06%0.06%

VYMとVYGは同じバンガード社で経費率も0.06%、同年に設立されたということで、かなり似たETFと言えます。

構成銘柄数はVYMが多く、配当利回りもVYMの方が高いです。

お兄さん

ということはVYMの方がいいってこと?

なすにん

ちょっと待ってね。2006年からの値上がり具合を見てみようか。

2006年から2022年までのVYMとVIGの値上がりの違いです。

引用:Google Finance

青色の線がVIG、黄色の線がVYMです。

上のグラフを見比べると、2006年から2022年まで一貫してVIGがVYMをアウトパフォームしていますね。

VYMは16年で2倍以上に、VIGは3倍近くに値上がりしています。

このパフォーマンスを見れば、VIGは2.0%と配当金利回りは少ないものの、キャピタルゲイン(売却益)も狙えるETFということが分かると思います。

【2022年6月 米国ETFVIGの分配金は?】VIGの増配率とメリットを解説まとめ

VIGの2022年6月の分配金は、去年の6月と比較して、プラス2.95%の増配に。

VIGをまとめると

  • 10年以上増配している超優良銘柄で構成されている
  • 設立して16年間で、約3倍弱の値上がり率
  • 年間平均8~9%の増配が期待できる

VIGの利回りは2.0%なので、高配当とは言えません。しかし、8〜9%の増配を期待できて、かつキャピタルゲインも狙えるETFです。

アメリカにはSPYDVYMHDVといった素晴らしい高配当ETFがあります。

その選択肢の一つとしてVIGも候補に入ってくるのではないでしょうか。

持っているだけで、配当金の額が増えるって夢がありますよね。こういうETFを株価が下がっている時に購入できたらそれは一生の資産となりそうです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

\VIGの購入はETFの自動積立設定ができるSBI証券がおすすめ/

SBI証券
高配当ETFのVIGの増配率と配当利回り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

このブログの運営者

こんにちは、なすにんブログにお越しいただきありがとうございます。
このブログでは、管理者(Nasu)が経験した、気持ちが上がる商品やサービスについて発信しています。
スキンケア・美容クリニック・ファッションなどなど。こんな面白いサービスやプロダクトがあるんだと、少しでも参考になれば嬉しいです。

目次